anny-room ☆★わんこ&にゃんこ編★☆

生息地・・福岡  ★☆★不幸なわんこ&にゃんこを減らすべく日々頑張ってます★☆★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ペット不可の団地で飼われていて、ご近所からの苦情・・・そして、去年の10月に 飼い主サン自らの手で 保険所に持ち込まれた和歌。

22460322_3450710680.jpg 

そのとき、和歌は12歳。



目やにだらけで、全身毛玉まみれで、くちゃくて。。。。


保険所の方が見せてくださった和歌の履歴書には、2歳で飼い主サンのところに来て、その後、10年を共に過ごした記録がありました。


そして、そんな最愛の飼い主サンに捨てられた和歌。


保健所=殺処分


このことを飼い主サンはわかっていたのでしょうか。

殺処分が薬による安楽死ではなく、
二酸化ガスによる苦しい苦しい窒息死
・・・だということをわかっていたのでしょうか。

どんな思いで、和歌を保険所に持ち込んだのでしょうか。。。。


12歳の和歌を・・・
10年も一緒に過ごした和歌を・・・・


どうしてそんなことができるんでしょうか。。。。。




レスキューされてから、mickeyさん宅で過ごし・・・
そしてNaomiちゃんちに移り・・・

わが家にやってきた和歌。


和歌はとってもイイコでした。

最愛の人に捨てられたのに・・・でもやっぱり人間が大好きで。
人懐っこくて天真爛漫な和歌。

和歌の、のほほんとしたマイペースな笑顔は、周りを幸せな気持ちにしてくれました。




いつも他の子に気を使って。。。
周りの若い子達に気後れして。。。。


和歌は、単独飼育のおうちがいいんだろうなって思っていました。
和歌だけを見て、和歌だけを愛してくれる、そんなおうちを見つけてあげたかった。



10月から毎月ギャラリーの譲渡会に参加して。。。

子犬や、他の若い純血種の子達が次々と里親さんの元に巣立っていく中、12歳の和歌にはなかなか出会いがなかった。。。。

寒さに震えながら新しい家族との出会いを待ってた和歌。。。


そして、和歌は 保護犬 のまま、13歳のお誕生日を迎えました。


わが家でお誕生日のお祝いをしながら・・・

和歌に1日も早くステキな家族が見つかりますように。
1日でも早く保護犬を卒業させて揚げられますように。

・・・そればっかり願っていました。



そして1月のギャラリー。

26790601_3453923467.jpg 


ギャラリー前にレスキュー仲間のトリミングショップでとびきりのべっぴんさんカットにしてもらった和歌。


2日間雪マークのとっても寒かったギャラリー。


そんな寒い寒いギャラリーで、初日の朝1番、幸せをつかんだのが、和歌でした。。。。


Oサンはたくさんいる子犬や純血種の子達の中、

『私、この子がよか・・・』

・・・と、和歌に手を差し伸べてくださいました。  

 28076209_1906643035.jpg 

 『後数年は長生きしてね』


そう言いながら和歌を抱きかかえてくださった姿に、涙が出そうになりました。。。



そして和歌はそのままトライアルへ。




トライアル開始から2週間後の先日、和歌は正式譲渡なりました。


譲渡書類を持って、和歌に会いに行ってくれたレスキュー仲間の蒼チャンから、嬉しい嬉しい報告がありました。


”13歳とは思えないほど、元気なんですよ~お散歩大好きで家の前を何回も往復します。
本当に、和歌ちゃんが来てくれてありがとうございました~~”

・・・とおっしゃいました 。

和歌ちゃんは、お母さんにべったりで付いて回っているそうです。

”和歌ちゃんは、私のお友達やんね。同級生♪”

・・・と微笑まれるお母さんに安心した蒼でした。



27256298_3270536059.jpg 

和歌の目がとってもキラキラしていました。


毎日の点眼をしないと、目やにで目がにごってつぶれてしまう和歌。
そんな和歌をちゃんと理解してくださり、大切に大切にしてくださってます。



もっともっと長生きしてね、和歌。
これからたくさんの思い出をOさんと作ってね。


和歌の残りの犬生がキラキラ輝いたものでありますように。。。
和歌の目が、2度と悲しみで濁ることがありませんように。。。


和歌ファンの皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

和歌ばーちゃん、幸せになります。。。。。

スポンサーサイト

PageTop

そしてまた・・・

クラシックファームの崩壊から1年。

もう2度と、あんな過ちは起こってはいけないと。。。。



そう、思った矢先に。




福岡でまた、こんなにも悲しい事件が。。。。


『ブリーダー施設で犬20匹以上が餓死』
http://www.rkb.ne.jp/jnn_news/media/DT20090206_210001/4056661.html


人間とは、なんて愚かで残酷で。。。



もう・・・小さな命達を商売道具として扱うのはやめてください。

彼らの瞳の輝きを・・・命の輝きを消さないでください。




いつまでこんなことが繰り返されればいいのでしょうか。。。。

PageTop

あれから1年・・・

2/5といえば。。。。

ブリーダー・クラシックファーム犬舎の崩壊から今日で丸1年。。。 

50頭以上の犬達が、水も電気も止まられた犬舎で、数ヶ月ご飯ももらえず瀕死の状態だと。

アイリッシュセターで有名な犬舎。

チャンピオン犬もたくさん出てた。。。

 

セターやボーダー、柴犬やキャバリア、ケアンテリア。。。。

そしてなぜか、たくさんのMIX犬達。

 

彼らは空腹と恐怖で泣き叫び、自分達の糞尿にまみれ・・・でも、必死に生きていた。

 

10079398_334418106s.jpg 

あの時・・・助けてあげることができなかったシェルティ達。

 

自力で立つことも、ご飯を食べることも、お水を飲むことさえできなかったこの子達は、

数日後、まるで約束していたかの様に相次いでお空へと旅立っていった。

 

1年後の今・・・我が家の預かりっ子が同じシェルティのハーツなのも、何かのご縁なのかもしれません。。


CF崩壊から今まで・・・

 

現地に駆けつけてくださった皆様に・・・

預かりをしてくださった皆様に・・・

ご支援くださった皆様に・・・

応援してくださった皆様に・・・

 

そして、あの子達を 『家族』 として迎えてくださった里親様達に・・・

心から感謝いたします。。。

 

あの日あの時、人間が犯した過ちを・・・

もう2度とあんな惨状がおこることがありませんように・・・・・

 

 

CF最後の1頭

『家族』 を待ってるレイちゃんも早く幸せになれますように。。。

488371813_217.jpg  

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。