anny-room ☆★わんこ&にゃんこ編★☆

生息地・・福岡  ★☆★不幸なわんこ&にゃんこを減らすべく日々頑張ってます★☆★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

めりーーーくりすまーーーす!!!!


レスキュー仲間のTサン宅で、一足早い、X'mas Partyを楽しんできました~!!!!




さて皆様質問です。

resize0022.jpg


わんこは何頭いるでしょう(笑)????



今、Tサン宅にはわんこがたくさんいます。

Tサンの愛犬・・・3わん’S。
野良っ子レスキューの保護犬・・・2わん’S。



この、常時いる5わん’Sのほかに。。。。。


resize0020.jpg


らいらいと一緒に写ってるこの子。

Tサンがあたし達のお手伝いしてるレスキューとは別に活動されてる 『ボーダーコリーネットワーク』の保護犬の子です。

ガリガリにやせ細ったボーダーコリー。

管理センターに捕獲されていたのをレスキューされた子です。

この日は、たまたまTサン宅にお泊りに来てたのですが、とっても美人でとっても人なつっこいこの子。

まずは健康を取り戻して。。。。

ステキな里親サンのところへいけるといいなぁ。。。。




そして、金曜日に管理センターからTサンが引き取っていたこの子達。

334168018_8.jpg
 
334168018_138.jpg


福岡市で保護されたひどい皮膚病のダックス達。

同じ日に、同じ場所で保護された、同じ皮膚病のとっても仲良しの2わん’S。

人懐っこいし、おトイレもペットシーツでできるし、ケージにも慣れてる、いかにも飼い犬だったであろうこの子達。

ミニチュアダックスの野良っ子なんて、野良っ子の命の連鎖の中では生まれてくるはずもないこと。


考えたくはないけれど。。。。
そう思いたくはないけれど。。。。

皮膚病がひどくなったから飼い主サンに捨てられちゃったの・・・・・?




憤りが隠せません。

ここまでひどくなる前に、どうして飼い主サンは病院に連れて行かなかったのか。
どうしてこの子達の犬生を最後まで責任をもってくれなかったのか。


どんな病気になろうと、大事な家族です。
無責任に命を放棄することだけは絶対にやめてほしい。


これからこの子達はTサンの家で皮膚病の治療をして、そこから里親サンを探すことになります。

幸せになってくれるといいな。。。。




サンタさん。
この子達にステキなX’masプレゼントをください。

温かい愛情を。

家族の愛に包まれて暮らせる、終の住処を。。。。。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。